梨の花文化の創出。 梨の花でつなぐ人と町。  主催・大阿太高原梨の花プロジェクト委員会



         

     
   
   
 
RIKAENの入り口には、スタッフがこまめに手入れをして育てているお花畑があります。農園に来られた方を季節のお花が迎えてくれます。

眺めていると小さなハチやチョウが花の間を行き交いしています。とても忙しそうです。わずかな蜜や花粉を生きるエネルギーとして捕食しています。虫たちの過ごす自然はなかなか厳しくて、人のようにちょっとスーパーへ、ちょっとコンビニへというわけにはいかないのです。しかし、梨農園では、これらの小さな生き物たちが果たす役割は人が思う以上に大きいようです。RIKAENでは人工授粉を一切しませんが、梨の実は毎年きちんと付いています。今年は天候の具合もあって他農園では実入りが少なくて困ったという声も聞きましたが、自然にまかせたRIKAENでは、虫たちや風が頑張ってくれたおかげで、いい実ができそうです。
 
   
    ◆ページ更新は、再読み込みを試してください。

◆NEW 2020梨灯りの模様をYouTubeに動画配信しました。(プレゼンテーションへ)

 


 
お問い合わせ

 

 

inserted by FC2 system