梨の花文化の創出。 梨の花でつなぐ人と町。  主催・大阿太高原梨の花プロジェクト委員会



         

     
   
   
 
な、な、ナント。あの天下にとどろくNHKガッテン!さまから、梨蜜についてのお問い合わせがあったのでございます。いやはや、オドロキ、モモノキ、ナシノキでありました。RIKAENでは数年前から地元の梨農家だけに昔物語として伝わっていた「梨飴」を復刻して「梨蜜」として商品化していたのですが、手間暇かかって採算取れずの知る人ぞ知る、ま、ほとんどご存じないイッピンでした。手前みそになりますが、蜂蜜に迫る甘さにほのかな酸味と独特の梨風味が加わった美味しい食品です。戦時中、砂糖が手に入らない時期に梨農家のおばあちゃんが夜なべ仕事に作っていたとのことでしたが、いまでは幻の味になっていたのです。ガッテン!さまが番組素材のためいろいろリサーチをしている際に、このHPをご覧いただいたとのことで、うれしさ百倍、面倒だけどまた頑張って作ってみようとの元気をいただきました。えっ?梨蜜まだありますかって? えへへ、残念ながらありません。梨の実る今秋までのお楽しみということで。あしからずでした。
 
   
    ◆ページ更新は、再読み込みを試してください。

◆NEW 2020梨灯りの模様をYouTubeに動画配信しました。(プレゼンテーションへ)

 


 
お問い合わせ

 

 

inserted by FC2 system