大淀町・大阿太高原で始まった梨作りのお話です。


 奥深い自然と歴史をきざむ吉野郡への入り口の町、それが大淀町です。

 この町の特産品といえば、秋の味覚を代表する果樹の王様・二十世紀梨をはじめとする梨です。町のマスコットキャラクター「よどり」ちゃんは梨の妖精です。

 大淀町西部と隣町の五條市にかけて標高150メートルから250メートルの台地が広がっています。大阿太高原と呼ばれています。

 大淀町で生産される梨は、この大阿太高原周辺で栽培されています。
 耕作面積も大きくなく、全国規模で販売されることがないので、知る人ぞ知る貴重で美味しいブランド梨の生産地になっています。

 この地でどうして梨が栽培されるようになったのか?その歴史を簡単にご紹介しましよう。


 この地は明治10年(1877)頃から地元で開墾が始まり、赤梨や桃などの果樹を作っていました。

 青梨と呼ばれる現在の二十世紀梨が偶然発見されたのは、明治21年(1888)。千葉県の松戸覚之助によるものです。その後、初めて実ったこの梨があまりにも美味しく、20世紀を代表する果樹だということで「20世紀梨」ネーミングされたようです。この梨の普及をねがった松戸は積極的に全国に穂木を配りました。

 それを契機に、本格的にこの地で二十世紀梨栽培を始めた歴史的な人物がいます。

 大阪府岸和田市出身の「奥徳平」です。

 札幌農学校で学んだ彼は果樹栽培に適した土地を探し、ここ大阿太高原で「薬水園」という果樹園を開きます。ところが20世紀梨は病気に弱く、栽培成功に至るまでには大変な苦労があったようです。

 積み重ねられた苦労の末、奥徳平は安定した20世紀梨の生産に成功し、大きな財をなしました。彼がこの地を去った後も、地元農家の人々の努力によって栽培され続け、大淀町の特産品として今に至っているのです。


  参考資料

  「大阿太高原のあゆみ 梨山への道100年の伝統が次の100年を創る」 より

大淀町マスコットキャラクター

梨の妖精「よどりちゃん」



大阿太高原で栽培している梨について


種  類 (名)
収 穫 時 期
特    徴
愛甘水 8月1日〜20日 赤梨・やや硬めだが甘くて酸味あり
幸水 8月17日〜31日 赤梨・糖度は高く酸味は少ないので賞味期限が短い
豊水 9月5日〜25日 赤梨・柔らかめで独特のワインのような香りあり
20世紀 9月5日〜10月上旬 青梨・梨の王様、甘みと酸味のバランスがバッグン
おさゴールド 9月15日〜30日 青梨・20世紀梨とほぼ同じ
南水 9月27日〜10月中旬 赤梨・糖度が非常に高く賞味期限も長い
新高 10月10日〜 赤梨・独特な良い香りあり やや硬いが糖度も高く大きい
あたご 11月5日〜 赤梨・やや硬いが甘くて大きい
晩三吉 12月10日〜 赤梨・きめが粗く梨の中で一番硬いがクリスマスやお正月に食べれる

20世紀梨
                           
豊水梨




大淀町果樹組合 梨栽培マップ

 





inserted by FC2 system