◇梨の花PJが梨華園で考えていること◇

 

・超減農薬「奇跡の梨」づくりチャレンジ

・梨の花園づくり

・梨園を活用したイベントやプレゼン

・ワークショップ

・作家作品展示販売 無農薬野菜の販売

 など・・・。

◆ほかにも楽しいアイディアがあれば、ぜひ提案してください。

 

≪ 梨の花PJ(プロジェクト)≫

・・・・・・・・・・梨の花がつなぐ人づくり・町づくり・・・・・・・・・・

 

都市生活者と農村を結ぶ(ココロ楽しく、ココロ豊かに、人と交わる)取組

                      

1.事業目的       

○地域産業である梨栽培の一層の発展を目指す新たな事業を提案・実施する。

○都市生活者と農村生活者を結ぶ地域カルチャー創造の役割を担い、町の「人づ くり・町づくり施策」に寄与する。

              

2.内   容           

○手作り市「梨の花マルシェ」の開催              

○「RIKAEN」 梨の花農園)の運営

○ワークショップ、ミニイベントの実施     

 

(1)梨の花マルシェ(都市生活者との交差・交流の場つくり) 

 モノづくりマルシェは若者文化のひとつとして定着。吉野で開催する文化的な波及効果や人的交差にに期待する。

 イベントに梨の花回廊散策を組み込み、大阿太高原への人の流れをつくる。梨の花鑑賞をプレゼンする。

 

(2)梨の花農園を開設運営

 地域の「特色=強み」である梨と、その花をテーマにした新しい創造性のある活動を展開する。(梨の花は後継者のいない荒廃農園の有効な活用方途の一つになる可能性あり。異業種の知恵を交差して夢のある活動を創造する。)  

 

ア、梨の花農園(RIKAEN)運営

・ 梨の花の育成と販路研究(各種団体、民間花樹業者との連携)

・ 梨の無農薬・減農薬栽培の研究(研究者、農園従事者との連携で梨のブランド化)

・ 梨の花園の整備と公開(吉野の桜、大淀の梨・・・観光価値)

 

イ、梨の花工房(文化創造)

・ ワークショップやミニイベントの実施

・ 作家作品の常設展示、作家工房、販売店舗(アート・インフォメーションセンター) 

 

ウ、その他(人的交差)

・ 都市生活者と地域生産者の交流事業を推進

・ 梨の花プロジェクトとリンクできるすべての活動を支援 

・ 「梨の花の町づくり」提言(梨の花街道 梨の花並木道 梨の花回廊など)

・ 各専門機関、専門技術者の協力要請(県農業大学 県農業研究研究センターなど)

・ 梨農園従事の若年生産者との協力協働

 

 

拠点農園 大阿太高原 RIKAEN

果樹園、工房、森林、約10000平米

 

梨の花PJ(プロジェクト)への支援を検討していただける皆さまへ

 

梨の花プロジェクト委員会

 http://nasinohana.jp

E-mail:nasimaru@root99.com

 

 梨の花PJは、大阿太高原の梨農園を拠点に、梨の花の育成や減農薬梨づくりの研究を始めている

非営利・ボランティア団体の活動です。

 梨の花や梨の実に新しい価値を生み出すことで、田舎町と都市生活者を結ぶ新たな文化を創造する、

「梨の花のまちづくり」がテーマです。

 私たちの活動には、夢の共有者が欠かせません。私たちの力はまだまだ小さく多くの方のさまざまな

支援が必要です。

 私たちは、梨の花PJへの支援協力者を募っています。

 支援の内容は大きく次の4点です。 このうち、いずれかひとつでもお手伝いいただける方は、

ご連絡ください。

 

①梨農園及び工房の整備作業 (梨の花栽培 減農薬梨栽培 梨の花庭園整備 工房の造作など)

②梨農園を拠点にした文化交流事業 (ワークショップ ミニイベントの実施など)

③梨の花の宣伝と販路の拡大 (梨の花の流通 販売 他イベントとのコラボなど)

④活動資金の支援 (活動資金の援助 寄付支援 資材・機械支援など)

 

 梨の花PJの活動に興味がおありの方は、以下のフォームに記入しお届けいただくか、

または、「梨の花マルシェホームページ」のお問い合わせメールフォームからご連絡ください。

 日をあらためて直接ご相談させていただきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

名 前

 

住 所

電 話

 

メールアドレス

 

支援内容

①梨農園の整備作業 ②梨農園を拠点にした文化交流事業

③梨の花の宣伝と販路の拡大 ④活動資金の支援 ⑤そのほか

ご意見など

 

 

 

 

 

 

 

 

 

inserted by FC2 system