マツモ 
  
マツモ科 マツモ 
 淡水の水中で、根をもたず浮いたようにして育っている。キンギョ藻という名で親しまれ、アクアリウムの鑑賞用水草として利用されている。繁殖場所の減少で県によっては、絶滅の恐れがあるとされている。奈良県では、絶滅危惧種Ⅱ類指定を受けている。RIKAENビオトープでは、クロモのあとから徐々に増え始め、クロモは池の底に、マツモはその上を覆うように繁殖して、すみわけをしている。水の富栄養価を防ぐ役割があるが、繁殖しすぎると、腐敗して水質汚染を招くこともある。
inserted by FC2 system